[28]傾斜ウォームギヤ設計システム


28.1 概要
  一般のウォームギヤは,90度直行型ですが,配置の制約からウォーム軸を若干傾けて取り付けなければならないことがあります.その場合,ホイールのねじれ角や歯形は大きく変わることになります.本ソフトウェアは,90度直行型以外のウォームギヤの寸法および歯形のCADデータ出力,3D歯形かみ合い,歯車寸法を計算・表示します.

28.2 基準ラック
  図27.2に基準ラックの設定画面を示します.歯たけは並歯,低歯,特殊たけに対応しています.また,歯形基準は歯直角および軸断面方向基準を選択することができます.ウォームの形式は,A形(1形),K形(3形:オプション),I形(4形:オプション)に対応しています.


28.3歯車諸元設定
図27.3に歯車諸元の入力画面を示します.
(1) 最大モジュールは25です.
(2) ウォームの条数は1~6です.
(4) 歯厚基準は,法線歯厚減少量または横転位を選択すること ができます.
(3) 軸交差角を設定することができます.(±45度)できます.
(5) ウォームに歯先修整を与えることができます.
(6) 強度計算は28.6項のように計算することができます.


28.4 工具設定と寸法結果
  ウォームホイール加工用のホブ諸元を設定します.ウォームが3型の場合,砥石直径を設定します.ホブの直径およびホブ取付角によりホイールの歯形は変化します.図28.4に工具諸元設定画面を,図28.5にウォームギヤの寸法を示します.

97

28.5 歯形
  歯形かみ合い図を図28.6に,歯形レンダリングを図28.7および 図28.8に示します.図28.8ではかみ合い接触線を歯面中央に確認することができます.


28.6 CAD 作図例
  生成した歯形をCADデータに出力することができます. 図28.9に出力画面を,図27.10~27.12にウォームとホイールの CAD作図例を示します.


28.6 強度計算
  トルク設定を図28.12で設定し,図28.13で材料に応じた許容応力を設定することにより図28.14のように強度結果を表示します.

98