[17] トロコイド曲線を使用した歯車


17.1 概要
  インナーロータの歯数,アウターロータの歯底円直径および偏心量を基準として,それぞれの歯形を決定します.歯形曲線は,ころがり円直径や偏心量によって変化し,生成した歯形から,各部屋の面積計算を行い吐出量(cc/rev)を算出します.また,3次元歯形で表示します.

17.2 諸元入力画面
(1) ロータ諸元の入力画面を図17.2に示します.
(2) サーキュラーピッチの変更により歯の大きさを変更することができます.
(3) クリアランスを与えた歯形を生成することができます.
(4) アウターロータの歯底部分はフルRまたは任意のRで接続することができま
    す.
(5) ころがり円直径により歯形曲線を変更することができます.
(6) 歯幅は吐出量の計算及び三次元の歯形表示に使用します.
(7) 歯形生成分割角度は,歯形の細かさの尺度です.


17.3 ロータの歯形図
  ロータのかみ合い組図を図17.3に示します.また,補助機能によりピッチ円の作図やインナーロータの回転角度を変更した図を作図(拡大図)することができます.図17.4にロータの歯形座標を表示します.


17.4 歯形DXF 出力
  ①ロータ組図,②インナーロータ歯形,③アウターロータ歯形を円弧データDXFファイルで出力することができます.図17.5に設定フォームを,図17.6にCAD作図例を示します.


17.5 面積計算
  歯形計算後,各面積および吐出量を図17.7に示します.図中の×マークはロータ歯形の接点を示します.


17.6 レンダリング図
  歯形レンダリングを図17.8に示します.図17.9のコントロールフォームにより視点や回転角を変更することができ,歯形図に接触線を観察することができます.図17.10,図17.11に作図例を示します.

66

[18] Adduction differential gear design system


18.1 概要
  Adduction differential gear(愛称:ピンコイド歯車)は,外歯車と内歯車に1歯差または2歯差を与えた内転差動式の歯車減速装置です.インボリュート歯形を用いて同じ機構を成立させることができますが,効率やかみ合い干渉の点からも内歯車にピンを配置する歯形が有利と言えます.

18.2 諸元入力
(1) 歯車諸元の入力画面を図18.2に示します.
(2) 最大歯数差は,2歯です.
(3) 外歯車の歯形は,内歯車のピン径と,ころがり円および偏心量から決定しま
    す.
(4) 外歯車の歯厚管理用に,またぎ歯数を設定します.
(5) 円弧補間精度は,CADデータ作成時の精度です.


18.3 かみ合い図
  図18.3にかみ合い図を示します.部分拡大によりピンと外歯のかみ合いを確認することができます.

18.4 回転図
  図18.5に歯車回転図を示します.


18.5 歯形レンダリング
  図18.6に歯形レンダリングを示します.X,Y,Z軸で観察角度の変更ができ,Z軸移動量で拡大,縮小ができます.また,かみ合いステップ角により回転速度を変更することができます.


18.6 偏心量を変更した歯形
  図18.2の歯車で偏心量を1.3mmに変更した歯形を図18.7および図18.8に示します.


18.7 DXF ファイル出力
  図18.9にCAD作図例を示します.

67