[13] Diamond Tool (ねじ状砥石歯形)


13.1 概要
  ねじ状砥石をドレスするためのダイヤモンド工具の歯形を生成することができるソフトウェアです.歯面修整を持つ歯車を研削する場合,ダイヤモンド工具の修整量は歯車と同じではありません.また,ねじ状砥石の歯厚や歯たけも重要です.図13.1にDiamond Toolの全体画面を示します.

13.2 適用
(1)歯車の種類:円筒歯車(外歯車)
(2)歯形:インボリュート

13.3 歯車諸元設定
  図13.2のに歯車諸元を設定します.歯厚入力方式では,またぎ歯厚またはオーバーボール寸法から選択することができ,歯形修整は円弧クラウニングまたは歯先修整(図13.3)を選択することができます.

13.4 ねじ状砥石の設定
  図13.2の歯車を研削するねじ状砥石の諸元設定画面を図13.4に示します.


13.5 ダイヤモンドツールの設定
  図13.4のねじ状砥石をドレスするダイヤモンドツールの諸元設定画面を図13.5にダイヤモンドツールの形状図を図13.6に示します.


13.6 歯形グラフ
  図13.2で与えた歯車の歯形修整が得られるように,ねじ状砥石の歯形を生成させ,次に,ねじ状砥石で創成運動をさせたときの歯車の歯形を歯形グラフとして図13.7に示します.


53

  図13.7のスライダバーでは,作用線長さが29.193mmで歯形修整量が9.4μmであることを示しています.なお,面取りを与えているためグラフの歯先部で歯形が大きく逃げています.

13.7 歯形生成
  図13.8で表示する歯形を選択することができます.表示できる 歯形は,①歯形創成図,②歯形軌跡図,③ねじ状砥石歯形,④ダ イヤモンドツール歯形,⑤歯車とねじ状砥石の3Dかみ合い図, ⑥ねじ状砥石とダイヤモンドツールの3Dかみ合い図の6種類です.図13.8~13.18にその図を示します.

54

13.8 ダイヤモンドツールDXF ファイル出力
  ダイヤモンドツールの形状選択画面を図13.19に示します.
ダイヤモンドツール形状をDXFファイルで出力する場合,図13.4で設定したねじ状砥石の諸元により選択する形状が決まります.ここでは図13.19の左上のツール形状のダイヤモンドツール形状を出力した例を図13.20に示します.
  ダイヤモンドツール歯形の3ヶ所の座標点をRで近似すると図13.21のようにR=1091mmと表すことができます.ただし,指示位置によってRの大きさは変わります.また,図13.22のように歯車の正面歯形を出力することができます.


※本ソフトウェアは英語版のみです.

55