[12] ANSI/AGMA2001-C95 (歯車強度計算)


12.1 概要
  AGMA2001-C95の規格に基づいて歯車の強度計算をします.歯形の幾何係数( I , J )は,AGMA908-B89に基づいています.
(1)適用規格
「ANSI/AGMA2001-C95」:Fundamental Rating Factors and Calculation Methods for Involute Spur and Helical Gear Teeth 「Annex A」:Method for Evaluating the Risk of Scuffing and Wear 「ANSI/AGMA 908-B89」:Geometry Factor for Determining the Pitting Resistance and Bending Strength of Spur, Helical and Herringbone Gear Teeth
(2)歯車の種類
    インボリュート平,はすば歯車(外歯車,内歯車)
(3)工具
    ホブおよびピニオンカッタ(プロチュバランス含む)
(4)歯車の強さ
    曲げ強さ,歯面強さ,寿命および幾何係数の詳細数値
(5)スカッフィング
    すべり率,ヘルツ応力,油膜厚さ,フラッシュ温度のグラフと摩耗およびスカッ,
    フィング発生確率
12.2 初期設定


12.3 歯車諸元入力
(1)歯車精度は,AGMA, JISを選択することができます.
(2)歯面粗さは Ra(μm)で入力してください.

12.4 動力および係数入力
(1) 動荷重係数,荷重分配係数などは[0][TAB]で理論値が入力されます.
(2) 平歯車の場合には歯先荷重または外の最悪荷重点を選択することができま
    す.
(3) 入力する数値に関するグラフおよび表などは[表示]機能により参照する事が
    できます.
    図12.5に動力および係数入力画面を示します.図12.6および図12.7に係数,
    グラフの表示例を示します.


12.5 材料入力
(1) 図12.8に材料の設定画面を示します.
(2) [参考]をクリックすると材料に適応した許容応力数の表を図12.9のように表示
    します.

51

12.6 強度結果
  図12.10に強度計算結果を示します.図12.11および図12.12に,幾何係数の詳細数値と係数を決定する際の歯形図を示します.


12.7 寿命結果
  負荷の回数と図12.7グラフより曲げ強さに対する寿命時間を計算します.図12.13に寿命計算結果を示します.

12.8 スカッフィング評価
(1) 油(ISO粘度グレード)は VG46~VG1500を選択することができます.また,
    範囲外の場合は動粘度,平均温度などを入力することができます.(図12.14)
(2) 歯面粗さはRa(μm)で入力してください.
(3) 摩擦係数の方式は,AGMA方式,一定値,ISO方式を選択する事ができま
    す.
(4) すべり率,ヘルツ応力,フラッシュ温度,油膜厚さのグラフを表示します.
    (図12.15~図12.18)
(5) 摩耗とスカッフィングの発生する確率を表示します.


12.9 その他機能
(1) データ管理画面を図12.19に示します.
(2) 印刷(寸法,強度,寿命,スカッフィング,グラフ)日本語印刷と英語印刷(オプ
    ション)ができます.
(3) 係数などの図,表,グラフを表示します.
(4) 計算結果,グラフをクリップボードに出力することができます.

52